入居者インタビュー

今回の入居者さん

入居者の写真
会社名
さくら総合税理士法人
代表者名
税理士 三宅 佳代子さん
自己紹介
京都市の出身です。結婚を機に静岡に来ましたが、京都では会計事務所に勤めていました。父が税理士だったため、いつしか自分も同じ道に進むのだろうと、漠然と考えていたような気がします。大学は商学部に進んで税務関係を学びました。
休みの日には食べ歩きに出掛けるのが楽しみです。特にバイキングはよくチェックしています。

今の仕事を始めたきっかけは何でしょうか?

静岡に来て7年経った頃、ちょうど子育てが一段落して仕事をする時間も取れるようになったので、税理士として開業しようと思いました。もちろんひとりで始めることに不安はありましたが、父の仕事を手伝っていたこともあり、当初、父のお客さまを紹介してもらいスタートすることができました。その後は自分でもお客さまを開拓するために、異業種交流会などに積極的に参加し、名刺をたくさん配りながら地元のお客さまを増やしてきました。

事業内容を教えてください

インタビューのイメージ

お客さまによって業務内容はさまざまで多岐にわたります。
事務作業での主な仕事は、お客さまから領収書を預かり記帳の代行することです。個人事業主の場合は確定申告、法人の場合は決算のために、年に一度は税務署に提出する書類の作成をします。提出の代行も行います。

お仕事の依頼元(販売先)はどのような企業になるのでしょうか?

法人、個人とさまざまです。

プラザに入居されたきっかけは?

開業当初は自宅を事務所にして業務を行っていましたが、お客さまが増えるにつれて手狭になってきたことと、アルバイトさんを頼む時も事務所という形があった方がいいと感じて事務所探しをしました。
以前に入居していた知り合いから、プラザ入居の条件等の話を聞いていて、事業が安定するまで事務所管理費を抑えられるのが一番の魅力だと感じました。また、他の入居者さんとの交流は、いろいろな人たちと知り合うきっかけになると思いました。
実際、現在のお客さまの中には、入居者やOBの方もいらっしゃいます。 また、商工会の事務所も同じ建物内にあるので、窓口に来られた相談者さんを紹介いただくこともあります。

一日のお仕事の流れはどんな感じですか?

インタビューのイメージ

9時に事務所に出勤します。その日によって業務の子細は変わりますが、お客さまの所に出向くか事務所で作業をすることがほとんどです。17時半頃には退勤し、帰宅後はもっぱら家事をするだけで、仕事を持ち込むことはありません。
法人の決算時には土日に出勤をすることもあります。

今後の展望を教えてください。

事務作業の時間を短縮できるよう仕事の合理化をうまく図り、お客さまの元を訪問する時間を少しでも多く取れるようにしていきたいです。
お客さまの中には、融資や助成金のことはあまり詳しくない方もいらっしゃいます。経営を安定させ売上アップに繋げるために、こうした制度をうまく活用する提案をしっかりできる面談の時間を多く作りたいです。
入居3年目なので、そろそろ事務所の場所も含めて今後の展開を具体的に考える時期になりました。いずれにしても、静岡でもっとたくさんのお客さまと出会えるような活動をしていきたいです。

お気に入りの書籍

なし

休館日のお知らせ
  ★2/23 ★3/20 3/21 ★4/18 4/29

セミナー&イベント

  • 4/5F:静岡商工会議所
  • 6F:新産業開発振興機構